2013年01月06日

私は硬派

実は4日の時点で、torikichiさんとじーなさんの二人から手紙と小包が届いていた。
いつか私が戻ってきたときのためにと、二人があらかじめ贈ってくれたものらしい。

意味深な贈り物

意味深な贈り物をありがとうございます!
深すぎてどうコメントしていいのかわからないよ!!
どちらがどちらを贈ってくれたのかもわからないが、torikichiが鳥の丸焼き送ってきたなら「私を食べて」というメッセージなのか?
もし贈り主がじーなさんだとしたら、torikichiが鳥好きだと知った上での鬼の仕打ちになってしまうが。

一方愛の詩集はわかりやすいですね。
……君らがこうやって遊ぶから私がナンパ師だのと誤解されるんだよ!!

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足りないのは観察力

アムステルダムの冒険者ギルドで、私は興味深い依頼を紹介された。
「北海の沖合いでいい漁場を知ってたら教えてくれないか。なんでも浅瀬のほうがよく釣れるんだろ?」
釣りと地理に明るい私にうってつけの仕事だ。しかし浅瀬のほうがよく釣れるなんて初耳だぞ。これは後学のためにも引き受けねば。

ところが、街の誰に聞いてもそんな漁場は知らないという。
頼みの綱の酒場のマスターさえ、この件に関してはかたくなに口を閉ざし続けた。
もしや、決して外部の者に漁場の位置を教えてはならない漁師ギルド鉄の掟があるのでは。
なんと言ってもメシの種だし。

そう考えると、この依頼、割に合わない気がする。
北海のどこかなんて言われても、困るぞ。

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人の友人との別れ

気になっていたのだが、べーやんがフレンドリストから消えている。
新しい商会でフレンドが増えすぎてしまって私が整理されたというのなら笑い話にもなるので、ぜひそうであってほしい。
そういう希望が事実によって裏切られることの怖さから、なかなか聞けなかったが、いつまでも目を背けていても仕方がない。
私は思い切ってソフィヤに尋ねてみた。

「近々お話しするつもりではあったのですが……」
珍しく言いにくそうにしていた彼女の様子で、答えはわかってしまった。
トラブルがあったわけではなく円満引退とのこと。
フレンドリストを削除(というよりもキャラクター削除なのか?)しての引退とは、いかにも竹を割ったような性格の彼女らしい。

「気持ちのいいかただったんですけど、本当に残念です」
とはソフィヤの言葉。

もう起きてしまったことなので受け入れるしかないのだが、この悲しみをどうしたらいいのか。
簡単に整理がつきそうにない。
べーやんやソフィヤが相次いで商会を変えたあの日、商会を設立していたら違う未来があったのか?
「もしもあのとき」を考えても意味がないのはわかっている。
しかし、せめて心に空いた大きな傷が癒えるまで、心のどこかで思っていたい。
「私がいれば彼女は引退しなかったかもしれない」と。

もっと色々と話したかったのに。
posted by すぽきゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(C)2005-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。