2011年01月08日

その17:マデイラ再び

ソフィヤさんがOnline!
ログインしてフレンドリストを見た私は、即座にTell(ないしょ話)を送信。
「マデイラ行きにご一緒していただけませんか?」
「えぇ、ぜひ。先日の雪辱を果たさねばなりませんね」
よーし、先日の約束が社交辞令でなかったことが証明された。

「パソコンが落ちなければいいのですが」
「不測の事態も冒険航海らしいじゃありませんか」
心配するソフィヤさんを勇気づける私。海賊(PK)含めて予期せぬ出来事こそ、MMORPGの醍醐味だ。
「でもまぁ、そうそうないんで大丈夫ですよ」
ソフィヤさんもあまり心配はしてなさそう。

が、しかし。
出港直後に艦影消失

ソ、ソフィヤさーん!?

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

その16:口説け、酒場娘

マルセイユでの仕事を無事に終えた私は、ここジェノヴァに来ていた。
報告のためリスボンへ戻らなければならないのだが、せっかくここまで来たのだから、もう少し足を伸ばしてジェノヴァやピサを観光してからでもいいだろう。


ジェノヴァの街を歩いていると、紫色の声が聞こえてきた。
じえのすく海事PT募集〜商船〜護送
ほほう?
どうやら商船を護衛する艦隊を募集しているようだ。
戦闘経験を積みたい私にはぴったりの仕事だ。
ちょうど折りよく本人を見つけたので、詳しい募集内容について尋ねてみることにした。

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その15:一人撮影会

ソフィヤさんと出会った勢いでギルドの仕事なんて完全に忘れていた私。
ようやく思い出して再びマルセイユへ向かう。

それにしてもこの世界の海は美しい。
めぐり来る昼と夜。輝く太陽と月。たなびく白い雲に満天の星空。
そして青い空と海の間、水平線にあるわずかな隙間を、縫うように駆ける我々の船・・・。

夕日に向かう船

そんな私の記憶を永遠にとどめるため、今回は写真多め。


航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(C)2005-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。