2011年01月01日

その12:リスボンポーカークラブ

リスボンの広場にあるテーブルに集まっている一団を発見した。
名前の前にカード(トランプ)が表示されている。
「ポーカーをやってるのかい? 面白そうだな、私も混ぜてくれないか」

「いいですよー」
LILAC、ジューリア、ねこんぶ、ナツキ・フォレストの四人が、快く迎え入れてくれた。

参加してレートを見てビックリ。
おいおい、掛け金20,000Dってなんだ!!
私の全財産9万しかないんだぞ!?

もう一度四人を見る。
ハイエナたちは新たなエサの登場に、にやにやと笑っていた。

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その11:類は友を呼ぶ

店の前に和風な服を着た女性が立っていた。
紫色の髪をしたイカレたちょっと怖そうな女性だ。

なんと言って声をかけたらいいのか、ためらっていると
「おい、なに見てんだこら、ええ、いい度胸じゃねえか」


怖!!


「すみません、あまりに美しかったものですから、声も出なくて」
嘘は言ってません。

それを聞いて、女性の態度が一変した。
「いい子じゃ、この子いい子じゃ」
このとき、私は『芸は身を助く』という言葉を思い出した。

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その10:探し物は何ですか?

補給のために立ち寄ったファロで、酒場のマスターから面白い情報を手に入れた。
「F2がこの街でアメジストのブローチを捨てたらしいぜ」
その名前、今さっき街中で見かけたな。

表に出ると、男はさっきと同じ場所に立っていた。
荷物の整理中か何かだろうか?
・・・整理中?

ピンと来た私は、彼の足元を調べてみた。
すると、まさに落ちていたのだ、アメジストのブローチが!
私が宝物と呼べるアイテムを、初めて発見した瞬間であった。

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その9:君の名は

親切(すぎ)な船大工に新造してもらった船。

しかし、この船はまだ大砲すら積んでいない。
それどころか、もっとも大事な、名前さえ決まっていないのだ。
さて、どうしたものか・・・。

どうせなら大航海時代の雰囲気にあった名前にしたいが、当時の船の名前はコロンブスが乗ったサンタ・マリア号しか知らない。
女性の名前をつける習慣でもあったのだろうか、航海者が男だからか?

そのとき、私の頭にある名前が閃いた。

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(C)2005-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。