2011年02月12日

その33:商人の口添え

じーなさんが帰ってKulalaさんとまた二人で話をしていると、今度はソフィヤさんがやってきた。
二人をそれぞれ紹介する私。
「Kulalaさん。こちらがこの世界でお世話になっているソフィヤさんです」
「ソフィヤさん。こちらのKulalaさんは私をこの世界に誘ってくださった方です」

kulala_sophia1.jpg
↑スクリーンショットにマウスカーソルを乗せると…。


ちょっ…なにこの会話!?
「コメントに口説きスト見習いと書いてあったんで、ついついw」
とソフィヤさん。
真面目に生命の危険を感じました。

またしてもこのアピールコメントのせいで…。
私が即座に削除すると、
「あら、残念」とKulalaさん。
「別に削除しなくても」とソフィヤさん。
私の人間性が疑われては困ります。
それに二人には言わなかったが、これでこの日二度目だしな。

さらにKulalaさんが追い討ちをかける。
「ラモンさんとは楽しくフレンドとして仲良くさせていただいております」というソフィヤさんに
「とりきちさんも、ラモンさんのガールフレンドに会えなくて残念だと言っています」と、言わなくてもいいのにチャットルームの会話を伝言。
「ガールフレンド? いえ、そんなつもりはないです」








神様、今日は厄日ですか。私がいったい何をしたと言うのですか。

「ラモンさん、だめですよー。無体なことをなさっては」
Kulalaさんが言った。
この場合、無体なのはKulalaさんではないかと…。

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その32:一年後の約束

この世界に来たときからの目的である、約束を果たす日がやってきた。

チャットルームで指定された場所に向かう途中、るんらんさんを見かけたのでひざまずいてご挨拶。
「特に用事があったわけではないのですが、ご挨拶をと思いまして」
そういう私に、るんらんさんも答える。
「用事なんかなくたっていいよ。嬉しいねぇー」

とそのとき突然、私の頭に声が響いた。フレンドの一人、わわわ大魔王閣下からだ。
「口説いてますか〜」

びっくぅぅぅぅぅ!!

なんでこのタイミングで見つかるんだ!?

大慌てで周囲を見渡す。…だが閣下の姿は見えない。くっ、どこから見ているんだ!!
「くく、口説いてませんよ?」
閣下に必死で言い訳する一方、るんらんさんにも報告。何か迷惑をかけてしまってからでは遅い。
「申し訳ありません、ひざまずいているのを見られて『口説きですか』とツッコミが」
奴隷ですと言っとけ^^」
……なにか引っかかる気もしたが、深く考えている時間はない、それ採用!
「口説きじゃありませんよ、実は奴隷なんです」
「奴隷ですか! いいなぁ」
なんだその反応は。

「リスボンにいるんですね。自分は台湾ですが」
台湾と聞いて、やっとカラクリがわかった。
私のアピールコメント『口説きスト見習い』を見て言ってたんだな。

くそぅ、焦って損した!!
自ら奴隷宣言とか、むしろ失ったものの方が多いような気がするのはなぜだろうか。
まったく、torikichiさんに煽られてつけたコメントのせいで、ひどい目に遭った。

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

その31:職人の親父さん

一定間隔ごとに港があるさ、なかったら補給ができずにアフリカ航路を回れないからな。
などという私の甘い考えは、完膚なきまでに打ち砕かれた。

ラスパルマスからアフリカ大陸沿岸沿いに南下したのだが、進めども進めども港が見えてこない。
逆に海賊には、うんざりするほどお世話になった。
アフリカ沿岸を荒らしている海賊たち、これがまた強いのだ。

敵がキャラック級2隻、キャラベル級1隻なぞで艦隊を組んでいるのに対して、こちらは小型キャラベルのサンタ・クララ号1隻、艦載砲はミニオン砲が6門。
これで勝てという方が無理である。

かと言って白兵戦や甲板戦では万に一つも勝ち目があるとは思えない。
こうなると離脱しか手がないのだが、そうはさせじと敵船の砲撃が背後から迫る。
残念ながら、いつもうまく逃げ切れるとは限らない。
全速離脱中のサンタ・クララ号の船尾に3隻の海賊船からの一斉砲撃が全弾直撃。
哀れ、ラモンとその仲間たちは一瞬で海の藻屑となってしまった。

戦闘範囲のすぐ外には港があったのに…。

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(C)2005-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。