2011年04月12日

その42:ラモン誘拐

この日、私は酒場の隅でテーブルに向かって手紙を書いていた。
手紙を書き終えペンを置くと、いつからそこにいたのだろう、一人の女性がテーブルの脇に立ってこちらを見ていることに気がついた。

私は真面目な顔をして言った。
「この椅子に用事があるなら譲ろうか?」
私は椅子から立ち上がると席を勧めた。

「い、いえ」
その女性、NOKKOさんはそう言うと慌てた様子で走り去ってしまった。
逃げ出した、と表現したほうが適当かもしれない。
おかしな人だったな。

それから30秒と経たず、酒場の扉を勢いよく開けて、aliasという名の女性が飛び込んできた。
彼女は私のところへ早足でつかつかと歩み寄ると、こう言った。
「さあラモン、用意は出来た?」

冒険へのいざない


ハイ?
いやだって初対面だろ?
驚く私に構わず、「いくわよ」と促すalias。

なんだかよくわからないが、面白そうな冒険に出会えそうな予感がする。
嫌いじゃないぜ、こういうの。
「ああ、航海の準備ならいつでもできてる」
「じゃ海に出て」
満足そうに頷き、急ぎ足で酒場を出て出航所へ向かうalias。私は彼女の後を追った。

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(C)2005-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。