2011年04月16日

その43:行きはよいよい、帰りは?

港の奥から届く街の灯りが、船体をうっすらと照らす。
ときおり風に乗って繁華街のざわめきが船内まで届く。
「まったく、何が悲しくて港の中でまで船内に押し込められなきゃならないんだ」
私たちはカリカットに係留中の船内で寝泊りしていた。
それもこれも、入港許可を持たずに来た私が悪いのだが。

「またぼやいてるんですか。規則なんだから諦めてくださいよ。必要な物なら私が持ってきてるじゃありませんか」
声の主に視線を向ける。
出航所の役人で、たしかシーファーとかいう名前だ。
ポルトガル語ができるということで、この数日間、港で足止めされている我々の水や食料を調達してもらっている。
「その分の金は払ってるだろう、偉そうにするなよな」

「それで、滞在は長くなりそうですか? 長期滞在するなら安く済むよう業者に交渉しておきますよ」
「いや、そろそろ出発する。手紙もきたんでな」
私は手に持っていた手紙を指で挟んで、ひらひらと振ってみせた。
「野郎ども、出航だ、準備にかかれ!」

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(C)2005-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。