2011年05月19日

その63:迷いの中で

ダブリンの朝は寒い。
もう二週間も前の話になるが、私はアムステルダムの書庫で、ダブリンの郊外にケルト人の遺跡があるという、確かな情報を掴んでいた。
腹ごしらえを済ませたら、今日はその遺跡を発掘しに行くか。
私はそんなことを考えながら、階段を下りていった。
「おはようマスター、朝食は何かな?」
「●%×△&$!!」
・・・しまった。そう、ここはアイルランド。
私はアイルランド語どころか、イングランド語(英語)も習得していなかった。
仕方なく、私は空き腹を抱えて店を出た。

朝食を食べ損なったとは言え、まだ行動力には余裕がある。
キャプテンバッグの中に、どうやって詰め込んだかププランが100食分近く入っている――バッグの内側が砂糖でべとべとになっていないことを願うばかり――が、あくまでこれは非常食。
ここは無理せず一度出直すのが賢明だろう。
不測の事態に対応するためには、何事にも余裕を持って行動しなければならんよ、きみ。

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(C)2005-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。