2011年08月05日

その87:ナポリのワイン

ジェノヴァで目を覚ました私は、先日習得したばかりのテクニックの扱いに慣れるため、日が高くならないうちから郊外に出て、山賊相手の射撃訓練に励む。

よくわからないことが多いテクニック関係だが、海の男が陸地で燻っているのはオカシイ。
というわけで、そこそこで切り上げていい加減忘れかけていた人質の身代金を払いにシラクサへ行こう。
さすがにこれ以上待たせるのはマズい。

「ラモン、シラクサへ行くなら途中のナポリにこの手紙を届けてくれないか」
出航所で私を呼び止めたのは海事ギルドの仲介人。
むむむ、一刻も早く行きたいのだが・・・相手が悪い。
海事ギルドには密偵を取り逃がした借りがあるからなぁ、やむを得ないか。
「わかった、アンタたちには借りがあるからここで返しておくぜ」
まぁナポリとシラクサは目と鼻の先だし、手紙の配達で寄る程度なら時間もたいして変わらないだろう。

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(C)2005-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。