2011年10月27日

その112:宴会芸の教授

マルセイユからジェノヴァに向かった私は、ジェノヴァ入港直前に、出港したベーやんとすれ違った。
「こんばんはー」
入港を取りやめ、すれ違いざまに挨拶したが、私に気がつかなかったのか、そのまま南に向かっていってしまった。

そして、
「まぁ仕方ないか、相手も急いでいたのかもしれないし」
などと悠長なことを言っている場合ではなかった。
挨拶している間にジェノヴァに接近しすぎた私。
傷ついた私の身も心も抱きしめようと、ジェノヴァの浅瀬が両手を広げてすぐそこまで迫っていた。

船が暗礁に乗り上げました!
暗礁から脱出しました
船が暗礁に乗り上げました!
暗礁から脱出しました


彼女のたくましい両腕は、容赦なく私の船にさば折りを極めた。

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(C)2005-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。