2013年01月04日

二人の友人との再会

バルト海の座敷牢ことリガ近辺の地図を作る仕事を受けた私。
一人で行ってもいいけれど、危険な海域であることを口実にナンパ同行者を募ったら、きっともっと楽しいに違いない。
そこで今回、初めて艦隊メンバー募集という機能を使ってみた。
『バルト海の測量を行う。危険な海域につき、同行者を募集する』

目的地と内容を別に書く欄があるのは見やすさから言っても上出来。
今回やってきたのは気心の知れた仲間だったけれど、上手に使えば(たとえば依頼仲介人のすぐ横で募集するとか)、新しく航海者と知り合う助けになるかもしれない。

私が補給のため立ち寄っていたヒホンに、ソフィヤさんとジャン=フィリップ殿の二人がやってきたのだが、私はJPの格好を見て唖然とした。

JP、僧院に入る!?

「その格好は、いったいどうしたんだい」
「犯した罪を贖おうかとw」
かねてより私は彼のことをブラジュロンヌ子爵のようだと思っていたのだが、どうやら彼はデルブレー神父でもあったらしい。

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星空を見上げる人

「……さん、おい、兄さん」
誰かが呼ぶ声に、私は目を覚ました。
寝ぼけまなこをこすって辺りを見回すと、見慣れた風景が視界に広がっていた。
ここはリスボン出航所の裏にある、港が見える小さな広場。
通りを一つ奥に入っただけで表通りの喧騒が嘘のように静かな、自慢の秘密基地だ。

ああ、そうだった。ここで寝たんだったな。
体を動かすたび背中に激痛が走る。
ほんの昼寝だったはずなのに、なんだか随分と長く寝ていたような気がする。

私を起こしたイスパニアの航海者が言った。
「アンタ、いつまでもそんなところで寝てると風邪引くぞ」
ご冗談を! 昼寝くらいで風邪を引いて海の男が務まるものか。
……おや? 風が出てきたようだな。珍しいこともあるものだ。
それに心なしか気温も下がってきた気がする。

そのとき、あたり一面がまるで夜になったかのように暗くなった。
何事だ!?
見上げると、そこには満天の星空が広がっていた。

街中から見上げる夜空


航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ダルタニャン物語」読了

昨年5月、アレクサンドル・デュマ作、鈴木力衛訳のダルタニャン物語全11巻を読み終えました。
一見大航海時代Onlineとは無関係な作品の感想を書いた理由、それはラモン誕生に大きくかかわっているからです。

思えば大航海時代Onlineに誘われた2010年の暮れは、この作品を読み始めた直後。
長髪にヒゲ、軽装に銃といった外見的特徴はもちろんのこと、ラモンの口調やBlogの記事の文体が妙に時代がかっていたり、もってまわった言い方が見られるとすれば、それはこの作品の影響に違いない。
(なにしろ訳者は1911年生まれの人)

しょせん付け焼刃の口調なのであっさり化けの皮が剥がれた気もしますが、嫌な顔をせず付き合ってくれる友人たちに感謝。

国籍もはじめフランスにするつもりでしたが、大航海時代とフランスが私の中で結びつかなかったので、お隣のポルトガルへと変更したという経緯があります。

以下、大航海時代とは無縁の三銃士語り
posted by すぽきゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダルタニャン物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(C)2005-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。