2011年02月09日

一般的なプレイヤー

別世界の友人との再会を果たして気が緩んだのか、さっぱりログインする気力が湧かない日が続いている。
別段気を張り詰めてプレイしていたつもりはなくて、楽しんでいたつもりだっただけに、自分としても意外な状態。
自覚してないダメージがまだ残ってる…のかなぁ?

とはいえ、再会したと言っても、厳密に言えば二人の友人の片割れに会っただけ。達成率50%で達成感を感じるのは早いぞ、私。

生存確認のためにログインした私を待っていたのはtorikichiさんからのメールだった。

「他にも君のブログを紹介してる人がいたぜ。私と会ったからって更新滞らせたらいかんといわれました!」
メールの着信日は1月29日、再会した日の翌日です。

どこの超能力者だ、お前ら。

こんな芸当ができる人物と言われて、まず思い当たるのがPさんなのだが、当たっているのが怖くて確認しにサイトへ赴く勇気がないチキンハートな私。

さて、先に書きたいことがあったので、ひさしぶりのログインはメールチェックだけで終了。
上記の超能力にビビリが入ったわけではない…たぶん。
前回の航海日誌(28日)の書き足りない分を書こうと思って。


私が学校へ行かなくとも充分に楽しめていると話すと、torikichiさんから「でも生きていくのに必要な会計スキルは商人系クラスに転職しないと覚えられないよ?」と言われたことが、強く印象に残っている。
(※操帆、砲術、会計の三種はそれぞれの系統職に就かないと修得機会がない…らしい、ホントか!?)

正直なところを包み隠さずに言うと、少しだけカチンときた。
まるで会計スキルがなければ、ゲームをやっていく上での最低限のラインにすら立てていないとも受け取れたからだ。
現状、特になくても私は生きて行けている。

断っておくと、torikichiさんとは別世界ではよく知る友人で、お互いに悪意を抱いていないことはわかっている。
だから今回の発言も、この世界での一般的なプレイヤーの考え方を代弁しただけだと思う。
なので、私の文章もtorikichiさん個人に言い返しているのではないことを、理解していただきたい。

会計スキルがあると、交易品それぞれの相場がわかるそうなので、必須とは言わないまでもあれば便利なスキルであるのは間違いない。
冒険者の操帆スキルだって、次に商人や軍人キャラクターでスタートしたときに持ってないのかと思うと、信念をどこまで貫けるか、私だって自信がないほど便利なスキルだよな。
ただそれでもスキルが標準装備ではなく選択できる以上、それを持たないプレイスタイルも許容されるべきだと思うのだ。それで不利になるのは、もちろん承知の上でね。

金はあるに越したことはないが、ラモンはあくまで冒険者。会計スキルがなくてたまに大損するのも、スタイル(生き方)としてはアリじゃないか。

それに、「商人にならないと会計スキルが覚えられない、だから学校に通って転職推薦状を貰うべき」というのも、私に言わせればおかしな話だ。
転職したくなる頃には、一人くらい商人の知り合いもできているだろうし、仮にいなくても、交易所か商人ギルドを訪れる人に片っ端から声をかけていけば、誰か協力してくれるだろう。

プレイヤー間で解決する手段があるのに、救済措置(と私には映る)学校を利用するっていうのは、せっかくネットゲームをやっているのに、もったいないと思うよ。困っているときこそ声をかける立派な口実があるのだから、むしろ知り合いを増やすチャンスだと思うんだけど。

それでも無理なら、さっきも言ったように会計スキルなしで進めるのも選択肢の一つさ。


などと熱弁を振るってみても、これが一般的なプレイヤーなんだろうなぁ。
これに加えて『艦隊を組んだら即解散』された体験(これも学校のクエスト絡みだった)や、PK(海賊)廃止を求めるプレイヤーの声があることを総合して考えると、現在の一般的なプレイヤーの考え方というのは、以下のようにまとめられる。

・有利なスキルは全部ほしい。他のプレイヤーより不利になりたくない。
・知らない人と艦隊を組むのは苦手。
・自分がNPC商船を襲うのは全然OK。でも自分がPKの海賊に襲われるのはイヤ。


あのぅ……。
根本的にネットゲームに不向きなのでは?

オンラインゲームの最大の特徴は他のプレイヤーとのコミュニケーションにあるわけだし、それがイヤならシングルゲームのほうが向いてるんじゃないかと。
いや皮肉ではなく。
海洋冒険モノならポートロイヤルなんて超名作だと思うんですが。あと創世記とか?
優秀なシングルゲームはMMORPGと同等かそれ以上に面白いよ。


一応、彼らの弁護もしておくと。
『艦隊を組んで即解散』というのは、学校でクエストを出すこと自体に無理があると思います。
運営側の意図としては、同レベルの仲間を作って共同作業をさせるのが目的なのだから(推測)、クエストが『3人以上の艦隊を組め』では、手段と目的が完全に逆転してるよな。艦隊を組む積極的な理由がないのに、無理やり組まされるんだから、ばつが悪くて即解散になるのも無理はない。

『○レベル以下の航海者と艦隊を組んで△×を達成せよ』といった具合に、艦隊を組んで行う目的を一つ用意してやれば。
ああ、なんとスッキリすることか。艦隊を組む積極的な理由ができる上に、共同作業で親密度も上昇して、気まずさもなくなるよな。

クエスト自体の目的(例文の△×)は、なんだっていい。
海事ならNPCの海賊を沖合いにPOPさせればいいし、冒険なら隣の港と往復させればいいし、交易なら交易品を買って来させればいい。
要は、クエストで組ませた艦隊を即解散させないことが大切。


以上が、学校に通ったことのない不良航海者が外から見ての感想だ。
通った経験がある優良航海者から見て、どうかな?
【関連する記事】
posted by すぽきゅん at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
がっこーは通ったけど
アラン先生がイケメンだったからでー
授業の内容はもうあんまりおぼえてないっ
そして海事以外は興味ない!!

げんちゃんとかうちは、なんていうかこー
受けれる刺激とー、要求される反復のトコで
やる気バランスが上手く取れなくなって
撤収したドロップアウト組なのでー
なんともいえないけどー

まー、マゾい縛りプレイではぁはぁできる人のほーが
まいのりちーなんだから
あんまりいちいち一般論に牙を剥くのもかこわるいヨ

ラモンはラモンのプライドを胸に
のんびりまったりやればいー
Posted by さんぞくちゃん at 2011年02月11日 16:02
コメントありがとう!
『めんどくさいプレイスタイル』なのは自覚してるけど『自然な遊び方』だと思ってるよ、ってことを言いたかったのだけど、少し言葉が過ぎた上に、必要なところで言葉足らずだったかも。

いつも気を使ってくれてありがとう。


> 受けれる刺激とー、要求される反復のトコで
これは私も少し気になってる。
でもあまり意識しすぎて楽しめなかったら本末転倒だし、まだまだ判断は保留ってことで。


> マゾい縛りプレイではぁはぁできる人
ドMとか言うなぁぁぁぁぁ!!
Posted by Mpark(ラモン) at 2011年02月11日 16:48
ども。お初にお目にかかります。
いつぞやの酒場の禿のオッサン(あれは普段は中の人が違うが)です。本キャラはこっちです(同アカ別キャラ)

言いたいことは、正直すげぇよくわかります。
でも今のMMOってオフゲーに多少毛の生えた程度のコミュで十分っつーか、システムとして協力するといいよ〜=効率云々になっちまうので、ソロになりがちな人が困るんでいろいろ一人でやれちまう感じになってんでしょうね。
割と初期のころは軍人・冒険者・商人のキャラ分けが立ってて(スキル枠・優遇スキルとブーストアイテムの少なさ等)旅先でのコミュ・艦隊編成などが結構あったんですが。

極端なこと言っちゃうとスキル枠が多すぎるので一人で何でもやれちゃうのともう少し三職(軍・冒・商)の色分けをはっきりしてったほうがよかったと思うってのが本音。

ただまぁ言い訳としては、ゲームとしてのぬるさがユーザー数を生んだのと、航海者っていう位置づけからいうと軍人であり商人であり冒険者でもあるっていうのは、まぁ頷けちゃうところだと言う事。

ちょっとした不便さをあえて残す。あえてプレイヤーが達が関わる所を残す。君は協力を求めてもいいし求めなくてもいいってのが理想かね。

ちなみに会計スキルなんざなくても知識で相場はわかる。ふっかけ関連がもったいないだけやね。

Posted by Rakugo at 2011年02月12日 09:44
よく来てくれたRakugoさん、歓迎するよ。

私の言いたいことを過不足なくまとめてくれてありがとう。
アンタとはすごく馬が合いそうだな、ぜひまた海の中で会って語り合いたいね。

現実の航海者だって何でもできたはず、というのももちろん頷けるんだけど、やっぱりその中でも得手不得手はあったはず。
交易商人から身を立てたコロンは交易が得意だっただろうし、コルテスは陸戦が得意だっただろう。

何よりも、ゲーム内で一人で何でもできてしまうと、世界が狭く感じられるからな。
私は世界を広いと感じていたいんだ。

> 君は協力を求めてもいいし求めなくてもいい
まさにこれが理想だね。
そういう意味じゃあ、世界がどうであろうと、私がやることに違いはないんだよな。


会計スキルはなくてもよかったんだが、修得できそうな機会が巡ってきた。
それについてはまた航海日誌に綴るとするよ。

それでは、また海の中で!
Posted by ラモン at 2011年02月13日 11:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/185126648

この記事へのトラックバック

(C)2005-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。