2013年01月04日

星空を見上げる人

「……さん、おい、兄さん」
誰かが呼ぶ声に、私は目を覚ました。
寝ぼけまなこをこすって辺りを見回すと、見慣れた風景が視界に広がっていた。
ここはリスボン出航所の裏にある、港が見える小さな広場。
通りを一つ奥に入っただけで表通りの喧騒が嘘のように静かな、自慢の秘密基地だ。

ああ、そうだった。ここで寝たんだったな。
体を動かすたび背中に激痛が走る。
ほんの昼寝だったはずなのに、なんだか随分と長く寝ていたような気がする。

私を起こしたイスパニアの航海者が言った。
「アンタ、いつまでもそんなところで寝てると風邪引くぞ」
ご冗談を! 昼寝くらいで風邪を引いて海の男が務まるものか。
……おや? 風が出てきたようだな。珍しいこともあるものだ。
それに心なしか気温も下がってきた気がする。

そのとき、あたり一面がまるで夜になったかのように暗くなった。
何事だ!?
見上げると、そこには満天の星空が広がっていた。

街中から見上げる夜空






……なんてこった。夜だ。街中に夜が訪れた。
星空を見上げながら思わず呻いていると、「もし、もし」と私を呼ぶ声があった。
「そこ行く方、占いはいかがですか?」
振り向くと、透き通るような銀髪の女性が立っていた。

銀の乙女

「君は?」
「星々のきらめきとうつろいから人の歴史を読み解くことを生業とする存在…」
長いよ。

エイリアスと名乗った女性は続けて話し始めた。
「人々の人生が織り成す物語、それが歴史。あなたはその一人として、自分が今後、歴史をどう動かしていくのか知りたくはありませんか?」
正直興味はまったく持てなかったのだが、『占わせてくださいお願いします』と瞳で訴える彼女に抗えず、私は占ってもらうことにした。

「ありがとうございます。では星に問うてみましょう――」
こうしてエイリアスの占いが始まった。
「計画を達成するために、なにがもっとも重要だと思いますか?」

いかがなものかと

ふむふむ、選択肢は三つか、どれも重要で迷うよなー。
いやちょっと待て、そこじゃない。
『なんていう?』はないだろ。
無駄にポエミィな自己紹介させてる暇があったら、ここにこそ気を使ってもうちょっと格調高くしませんか。
せめて『なんと答える?』とか。


いくつかの質問が続き、その結果が出た。
「――あなたからは人の背中を押す強い風を感じます……。未踏の地を切り開き、新たな目標を得る。過去を顧みず、先へ進むこと……、それがあなたの生き方なのでしょう」
私は常々そうありたいと胸に描いている理想像が示されたことに満足して、エイリアスと別れた。




ギルドの仕事依頼掲示板を見て回ると、高額報酬の依頼が目に留まった。
金貨11万枚。……こいつはすごい。
オポルトの商人から詳しい話を聞くと、彼らはガリシア収奪団を名乗って商船を次々と襲っているらしい。
ガリシアというと、たしかイベリア半島北西部のことだったな。

オポルトを出航してまっすぐ北上。
目に付いたガリシア海賊を血祭りに挙げる。
「提督、あいつらがりシア収奪団じゃありませんぜ?」
副官の運び屋ことダンカンが言った。
「!? あ、いや、もちろん知っていたとも。うん。当然じゃあないか」
「はあ、それじゃあなんでわざわざ?」
「お前にはわかるまい。収奪団の根城で派手に暴れれば、怒った連中が自分たちから出てくるという道理さ」
うむ、我ながらうまく誤魔化せたな。
「提督、ガリシア収奪団の強襲です!」
「ほらみろ、作戦が大当たりだ。野郎ども、配置につけ! 金貨11万枚の大仕事だ、気合入れろ!」

ところが敵船は見るも貧弱な小型キャラベルが2隻。SSを撮る前に終わってしまった。
こいつら本当に金貨11万枚の賞金首なんだよな?
あまりにも手ごたえがなくて、なんだか自信がなくなってきた。

「もう倒してきたのかい、いやはや、さすがだな! これが報酬だよ、また次も頼むぜ」
リスボンの海事ギルドに報告すると、手放しで喜ばれた。
うぅむ、やはりあの仕事で11万枚だったのか。
なんだか複雑な心境のまま建物を出ると、どちらからともなくダンカンと顔を見合わせた。
「あれっぽちの海賊でこんなに賞金もらったんじゃ、なんだか申し訳なくて気分が悪いや」
「だな、やっぱり仕事は金で選ぶものじゃないな」
「提督、口直しに一杯飲みましょう」
「お、いいな。今夜は11万枚分飲み明かすぞ」
「さっすが提督! 水夫たちも呼んできますぜ!」
日が沈んだリスボンの街を駆けて行くダンカンの背中を見て、私は思った。
案外、夜も悪くない。


こうして私の航海は再び幕を開けた。
posted by すぽきゅん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/311772237

この記事へのトラックバック

(C)2005-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。