2012年05月27日

その136:Black or White

大海戦に参加した興奮も冷めやらぬ翌日、私はマデイラ島からカナリア諸島近辺の海上巡回警備に来ていた。
黒い蛇の紋章を掲げた海賊団が海上交通の要であるこの海域で暴れているらしい。

商船の被害が相次ぐ中でリスボン海事ギルドが白羽の矢を立てたのが、大海戦での活躍も記憶に新しい、この私というわけだ。

「船長、蛇の紋章です! あれがセルペンテ遊撃船団に違いありませんぜ!」
我々の進路を塞ぐように、前方から二隻の海賊船が迫ってきた。

登場、黒蛇海賊団!


現われたな、黒蛇海賊団

砲門を開いて敵船が射程内に入るのを待つ我々は、近づいてきた海賊船に言葉を失った。

白蛇(?)海賊団


紋章の蛇、白いよ!?

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

その135:ティレニア・リグリア海海戦

「ラモン・ロドリゲスであるな」
ブラガンサ公に呼び出された私は王宮へ来ていた。
このタイミングの呼び出しとくれば、誰でもその用件はわかる。
ブラガンサ公は、これまでになく厳かな口調で話し始めた。
「国王陛下の勅命を伝える」
勅命という言葉に全身がこわばった。

大海戦参加


「我が軍はこれよりイスパニアの影響下にあるピサを攻略する。王国海軍の准士官である貴官に命じる。速やかに軍備を整え、艦隊を編成せよ」
ブラガンサ公爵が言い終えると同時に、
クエストを請け負いました

さすが勅命、参加意思の確認もなしとは恐れ入るね。

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その134:戦艦羅門

リグリア・ティレニア海海戦にて王国海軍惨敗す!

衝撃的なニュースが駆け巡っていた頃、私は……。

あれは武装捕鯨船!……に扮した海賊船だ!


ブルターニュ半島で操業中の武装捕鯨船を襲ってました。

「船長、前方に捕鯨船が見えます!」
見張りの船員から報告が入る。
「いや、捕鯨船ではない。あれは海賊船だ
「えっ、えええっ!?」
「捕鯨船に偽装して他の船を狙っているに違いない。武装しているのがその証拠だ」
「……本気ですか、船長」


しかも撃沈した武装捕鯨船の残骸と一緒に、こんな物が流れてきた。

いい物持ってるな


ぐはは、いい物持ってるじゃねえか。
こいつは貰っといてやるよ!

……なんでこんなことになってしまったのだろう。

航海日誌をめくる
posted by すぽきゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモンの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(C)2005-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。